純喫茶の良きを感じられる【喫茶ニューポピー】で進化した名古屋名物「鉄板小倉トースト」を頂く

名古屋の商店街というと、大須商店街を思い出す人が多いでしょう。だけど、名古屋市西区の「円頓寺商店街」も一見に値する。
なぜなら、そちらは四間道(しけみち)という名古屋市の街並み保存地区からだ。古い町屋が多く残っていて、古民家カフェやギャラリーもたくさんあるよ。

四間道
四間道

今回紹介するカフェはこの歴史深いエリアの小径にある「喫茶ニューポピー」
オープンしてからまだ2年くらいだけど、実はマスターさんのお父さんが名駅で「喫茶ポピー」とのお店を30年近く経営していたようだ。
お父さんの店を継ぐ思いと、マスターさんが伝えたい名古屋らしい喫茶雰囲気で今の「喫茶ニューポピー」にたどり着いた。

喫茶ニューポピー-外観
喫茶ニューポピー-外観

蔵を改装し、レトロモダンな店内に3階のロフト席まである。
入店後、スタフさんはすぐ席を案内してくれて、最上階のロフト席だった。

喫茶ニューポピー-店内

少し狭いスペースだけど、一人にしては充分。そして2階を眺めながらお茶できて、ちょっと秘密基地って感じ。

喫茶ニューポピー-店内
喫茶ニューポピー-店内

大量のコーヒー豆を嵌めたテーブル、赤ベルベット素材のソファーと、革カバーで装丁しているメニューなど…こだわったディテールでその昭和の喫茶店感覚を伝わる思いが強く感じる。

喫茶ニューポピー-店内
喫茶ニューポピー-店内

コーヒーのメニューだけでなく、スイーツや食事のメニューも豊富。
訪ねる前にご飯もう食べたため、今回はスイーツ狙って初めて聞いた「鉄板小倉トースト」を注文。

喫茶ニューポピー-スイーツ

以前頂いた小倉トーストはサクサクというより、小豆を塗ったのでしっとりして柔らかい食感の方が多かった。
ここの「鉄板小倉トースト」は厚めのゴマトーストをベースにし、熱々の鉄板で焼いてる。トーストの上に小倉あんこジャムを塗り、さらにアイスクリームを乗せる。

喫茶ニューポピー-スイーツ

鉄板で焼いた半分が熱くさくっとして、焼いてない半分冷たく柔らかい口当たりがたまらない。
ベースがゴマトーストを使用することにより、もう一層香りを加え、あんこの甘さを控えて飽きの来ない味わいを作り出す肝心な役割だ。
一人じゃ食べきれないと思ったけど、美味しくていつの間に食べ尽くしてしまった。

喫茶ニューポピー-お土産

1階のカウンターでコーヒー豆やドリップコーヒーも販売している。地元のコーヒー屋さんが作ったものやこの店限定のものが多いみたいで、お土産にしてもいいかもよ!
円頓寺商店街に来た時にぜひ「鉄板小倉トースト」を食べに立ち寄ってね

喫茶ニューポピー
営業時間:日曜平日8:00〜18:00 金・土8:00〜20:00
電話:0134-23-1426
住所:愛知県名古屋市西区那古野1丁目36-52
オンラインショップ:https://beansbitou.thebase.in/
Instagram:https://www.instagram.com/kissa_new_poppy/

新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

ホームシックになったことない旅人体質の日本在住台湾女子。 旅行するたびに、必ず旅先にあるスーパー、コンビニと美術館行くタイプ。 >>ABOUT ME

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back To Top