お酒に合う大人のスイーツ【Parfaiteria PaL(パフェテリア パル)】で夜パフェデビュー

北海道3回も行ったことあるけど、札幌の新名物の夜パフェは初めて。
シメパフェとも呼ばれる夜パフェとは、お酒の後や食事後の甘すぎシメとして食べやすいパフェ。
今は全国的に広がったが、最初は札幌で発祥し現在の定番な食文化になったらしい。

Parfaiteria PaL(パフェテリア パル)-外観

今回はビジネスビルの中にある夜パフェの名店「Parfaiteria PaL(パフェテリア パル)」を紹介。
北海道食材にこだわったリゾット専門店「リゾッテリアガク」の姉妹パフェ店の本店であり、現在大阪や東京にも同じ系統の夜パフェがある。

Parfaiteria PaL(パフェテリア パル)-外観
Parfaiteria PaL(パフェテリア パル)-外観

ソーシャルディスタンスを求める時代にしては狭い店内。中にドライフラワーが下がり、カフェのようなお洒落な雰囲気だけど、カフェにしてはちょっと暗い。
それはそれでバーって感じだよねー

Parfaiteria PaL(パフェテリア パル)-店内

パフェは注文したから一つ一つで丁寧に作るので、少し待ち時間が必要。
では私が頼んだ「タンタカミンゴ、flamingo」
まずは見た目に驚き!フラミンゴのままでパフェになったようで、生き生きとした翼とても印象的。スイーツというより、アートだね。

Parfaiteria PaL(パフェテリア パル)-パフェ

ルビーチョコと木苺などのベリーが使用され甘酸っぱい味がセットで注文したカシスオレンジにちょうどあう。
そして鍛高譚が効いた若干の渋みによって味でバランスを整え、カシスオレンジとの相性も抜群!

Parfaiteria PaL(パフェテリア パル)-パフェ

一方、Popoが頼んだ「ピスタチオとチョコレートのパフェ」は濃厚甘い系
ちゃんと香るピスタチオのアイスが濃く、ビールと相性がいいナッツのおつまみ感覚。
プリンやシフォンケーキも入ってて口当たりも豊富!もちろん、外見も最高に可愛い

Parfaiteria PaL(パフェテリア パル)-パフェ
Parfaiteria PaL(パフェテリア パル)-パフェ

パフェが来る時に、共に説明カードが提示してくれるので、何を食べるのかさらにちゃんと味わえる。

Parfaiteria PaL(パフェテリア パル)-説明カード

アルコールのおつまみいつもしょっぱい系だけど、初の夜パフェで新しい衝撃を受けた笑
甘いものとお酒のマッチングは意外といけるなんて!
夜パフェまだ体感したことない皆、ぜひ衝撃を受けに行ってみてね

Parfaiteria PaL(パフェテリア パル)-店内
Parfaiteria PaL(パフェテリア パル)
営業時間:18:00-翌2:00

なう、新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。
お訪ねする際には事前にこちらへご確認ください:https://risotteria-gaku.net/category/parfait/parfaiteria-pal

電話:011-200-0559
住所:北海道札幌市中央区南4条西2丁目10-1 南4西2ビル 6F
URL:https://risotteria-gaku.net/category/parfait/parfaiteria-pal

ホームシックになったことない旅人体質の日本在住台湾女子。 旅行するたびに、必ず旅先にあるスーパー、コンビニと美術館行くタイプ。 >>ABOUT ME

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back To Top